お役立ち人気キーワードまとめ

お役立ち人気キーワードまとめ

今話題の急上昇ワードを紹介しています。

日常生活の中で脚やせする

脚やせをするために食事のバランスに気を使ったり、毎日のマッサージや体操、ツボ押しを繰り返したり、エスティテックサロンに通ったりする以外に、普段の日常生活の中でも脚やせにチャレンジして行くことができます。通勤や通学、仕事や家事などをしながら脚やせの効果が上がっていけば、まさに理想的だといえるでしょう。まず基本は歩くことですが、歩く、と言うよりもウォーキングと言った方がいいでしょう。美しい脚を手に入れて、尚且つそれを保ち続けるためには、歩き方や姿勢が非常に大切なのです。脚やせのためのウォーキングにはコツがあります。最初に立った時の姿勢ですが、背筋をまっすぐに伸ばします。歩く時には腕を大きく振りながら歩きます。この時上半身に余計な力が入らないようにしなければなりません。歩幅もできるだけ一定にして着地の際にはかかとから地面に付くようにします。着地の時の足音が、かかとで1回、つま先で1回、と片足で2回鳴るのが正しい歩き方です。地面を離れる時にも足の親指で強く蹴るような気持ちで歩くようにします。スピードも遅すぎず早すぎず、ちょっと早足程度のスピードを保って歩き続けましょう。慣れてくると時々軽いランニング程度のプログラムを入れて見てもいいでしょう。ただしジョギングではありませんから、負担に感じたらすぐに元のスピードに戻しましょう。次に日常生活の中で、脚やせのために見直したいのが自転車です。ついつい便利さから自動車に乗ってしまいがちですが、セルライトや水太り、骨格の歪みが原因で脚が太くなってしまっている人には、この自転車漕ぎは大きな効果を発揮します。特別な乗り方は必要ありませんが、変速式自転車の場合だと、楽なギアの重さよりも、少し軽いギアで走ることがポイントです。脚に負担がかからない重さで、くるくるとペダルを1回30分程度で、週に2回くらい、乗って見ます。3ヶ月ほど継続すると少しずつですが脚やせの効果が見られてきます。注意することは筋肉太りの場合、自転車に乗ると余計筋肉がついて逆効果になりますので不向きだと言うことです。信号待ちや車内、家事の最中も、お尻にグッと力を入れて臀部の筋肉を引き締めるように意識しましょう。これを続ければ骨盤が矯正されるだけでなく、基礎代謝も向上し、脚やせとヒップアップを同時に手に入れることができます。他にも万歩計を携帯して歩数を意識して生活したり、こまめに体重や太ももの周囲を測ったりして、常に頭に入れておくことも大切です。

プールで脚やせ

脚が太くなってしまう原因の1つに筋力不足があります。筋力不足はむくみを引き起こし、脚やせしにくい体質になってしまいます。この下半身のむくみを取り、筋力をつけ脚やせするために効果的なのが水泳です。水泳は身体にかかる負担が少ない割に、エネルギーの消費率が大変高い全身運動ですが、特に脚やせには大きな効果を発揮します。水に入るだけで身体全体に水圧がかかることになるのですが、この水圧は水の深さによって違ってきます。底に近い方が水圧が高くなるのは良く知られていますが、競技用規格の水深が深いプールを除くと、市民プールや公園などのプールの深さは、大体1.0m〜1.2m位で、深いところでも1.5mまで位でしょう。この水深の場合、成人がプールの中に立ったとすると、脚が一番強く水圧を受けることになります。そこで水中で歩行運動をすることで、水圧を利用した脚やせができるのです。水圧の中で歩くのですから、ある程度の筋力が必要になってきますが、脚やせしにくい原因の1つとして、太ももやふくらはぎの筋力不足が考えられていますので、水中歩行をすることで筋力をつけながら、脚のむくみを解消させ、脚やせができると言うことになるのです。水中で脚やせ、と聞くと泳げない人や、水泳が苦手な人は敬遠しがちですが、脚やせ目的でプールに入る場合には、泳力は必要ありませんから泳げなくても何の心配も要りません。もちろん泳げる方は1回30分〜60分程度、泳ぐことで脚やせだけでなく、全身のダイエットができますが、泳がなくても同じくらいの時間、水中ウォーキングをすることでかなり効率のいい有酸素運動になり、週に1、2度、3ヶ月〜6ヶ月続けていけば、目に見えて脚やせの効果が出てきます。食事やマッサージなどと同時に、空いている時間にはプールで水中歩行をする、と言うように普段の生活に無理のない程度に組み込んでいけば、それ程負担を感じずに脚やせすることができるでしょう。スポーツクラブやジムなどでも、この水中歩行を取り入れたコースやアクアビクスのコースを開設しているところも少なくありません。一度体験してみることをお奨めします。また、決まった時間には通いにくいであるとか、大勢の中で水着になるのには抵抗がある、と言う方は自分で通える時間にプールに行って、脚への水圧を意識しながら、水中歩行をするだけでも効果は期待できます。この場合、しっかりと脚を伸ばしながら、両手を振って、できるならば腰を少しひねりながら歩いていくと、より効率が上がります。

踏み台昇降で脚やせ

脚やせには踏み台昇降も有効です。踏み台昇降はスポーツテストや体力測定などでよく知られる、一定の時間に踏み台を昇り降りする回数を数える運動です。踏み台昇降は、低い踏み台を使っても効率のいい有酸素運動になりますし、手軽にできるという利点もあります。踏み台は5cm〜30cmくらいのものを使いますが、女性が脚やせ目的で行う場合には10cm程度の高さで十分です。踏み台も購入する必要はなく、家にあるものを利用して手作りできます。例えばダンボール箱に雑誌を詰めたり、使っていない電話帳や読まなくなった雑誌や通販カタログ、漫画などを数冊重ねてガムテープで巻いて作れば簡単に手にすることができます。その他、子供用のバスチェアー、子供用の椅子、靴脱ぎ台、等も利用できます。階段や玄関の上がり口を利用することも可能です。どうしても見つからない場合にはホームセンター等の健康器具コーナーにはエクササイズ用のステップ台も販売されていますので使ってみてください。踏み台昇降の良い点は、気候や天候に左右されず、いつでもできると言うことです。テレビを見ながらはもちろん、電話で話しながらでもできるのです。危険な夜道の心配も不要ですし、服装も気にする必要がありません。秘密のうちに脚やせすることもできます。踏み台昇降は有酸素運動なのですが、腹筋、背筋、大殿筋を中心に、大腰筋、大腿四頭筋などを鍛えます。下半身に負荷を与える運動ですから脚やせには大きな効果が得られます。また踏み台昇降をすることで基礎代謝力が向上し、脚やせした後もリバウンドしにくい身体を手に入れることができます。 踏み台昇降はいつでもできる脚やせの運動ではありますが、食事の前後1時間は避けましょう。また、腰に持病があったり、膝に不安を抱えた方が行うと悪化してしまうことも考えられますので、自分の身体と相談しながら行いましょう。忘れてはならないことは、良い結果を得るために踏み台の高さを上げる必要は全くない、と言うことです。物足りないなと思ったら、時間を長めにする、テンポを上げる、両手にダンベルや水の入ったペットボトルを持つ、両腕を振りながら昇り降りするなどの方法でレベルアップを図りましょう。ただし楽だからと言って、最初から大きな負荷をかけてすることは、身体にとって逆効果になりますので絶対にやめましょう。踏み台昇降は即効性はありませんので、効果が顕著になるまである程度の時間はかかりますが、続けていけば自律神経のバランスを整え、最終的には脚やせすることができますので頑張りましょう。

脚やせリンパマッサージ

脚やせに、リンパマッサージが大きな効果を与えることは良く知られていますが、このリンパマッサージは決して難しいものではありません。コツさえ掴めば、家庭で簡単にできる脚やせのプログラムです。リンパとはリンパ管、あるいはリンパ液の総称です。リンパマッサージをすることで、何故脚やせをすることができるのかと言うと、リンパ液は老廃物、毒素、余分な水分や脂肪などを体内で運んでいるのですが、この流れが滞ると、これらの老廃物や毒素が体内に蓄積されやすくなり、それがむくみの原因となってしまうからなのです。そこでリンパマッサージでリンパ液の流れを良くし、蓄積された老廃物や毒素などをリンパ液にのせて、体外に排泄させようとするものなのです。このデトックス効果が脚やせに繋がるのです。つまりリンパ液の流れが良くなれば、自然と新陳代謝が良くなります。これによってデトックス効果と伴に、セルライトが出来にくい体質へと改善されますので、一旦脚やせに成功すればリバウンドもしにくくなります。さて、リンパマッサージをする時に注意しなければならないことがいくつかあります。その1つが、リンパマッサージは心臓を中心にして、心臓から遠い部分から心臓に向かってマッサージをするということです。そこで脚やせのための代表的なリンパマッサージを見て行きます。もちろん心臓から遠い部分から始めます。まず足の指のマッサージですが、足の指の付け根部分から足の甲、さらに足首に向かってマッサージをします。この時、指の腹の部分をを使って円を描くような感じでマッサージをします。次はもう少し心臓に近づいて、ふくらはぎから膝へと進んでいきます。この時もあくまでも下から上へのマッサージです。続いて膝の裏ですが、膝の裏はリンパ節にになっていて、ここの部分のリンパの流れがスムーズに行かないと、脚やせもうまくいかなくなってしまいます。膝の裏をもみほぐしてやるつもりでマッサージしてやりましょう。リンパ液がサラサラと流れているイメージを持つといいでしょう。最後に太ももです。脚の付け根の部分は、リンパ液の流れが鈍くなりがちです。心臓に向かってリンパ液を戻してやる感じでマッサージしてやりましょう。慣れるまでは、力を使って強くマッサージをすると、脚やせにも大きな効果をもたらすような気がしますが、強い力は全く必要ありません。優しく、遠くから近くへ、下から上へ、の繰り返しで十分なのです。